サイトマップ お問い合わせ 在校生ログイン

  文字サイズ
 
学校案内
 あいさつ・教育理念
 教育目的・沿革
 校歌
学科紹介
 看護高等課程
 看護専門課程
>
Home > お知らせ
お知らせ
 ■ 令和3年度 波戸岬研修
 
 
 ■ 令和3年度 入学式
 
 
 ■ 令和2年度 卒業式

            

    専門課程44回生、高等課程43回生が卒業しました
    専門課程卒業生は看護師としての責任と新たな希望を胸に旅立ちの日を迎えました。
    高等課程卒業生は准看護師として地域へ貢献するとともに、正看護師を目指し進学す
    る学生もいます。

看護の仕事は、普通であれば決して出会うことのない私たちと患者さんの人生が交錯し、自分の人生も豊かにすることのできる非常にすばらしい職業ですが、学校を卒業し、専門職の免許を受け、今までと比べられないくらいの責任を負うことになりますね。今はまだ不安ばかりかもしれませんが、これからも日々学習を続け、自分にとっての価値や幸せに気が付き、看護を選択して良かったと思えるように頑張って欲しいと思います。

これから皆さんは新たな一歩を踏み出します。周囲の影響を沢山受けて様々に変化していくことでしょう。人は環境によって変わります。良い人間関係を築くことによって幸福になれます。目標をもって頑張ることで成長できます。人は自分の意志によって、考え方、行動を変えられるものです。自分の言動に責任をもつことで信頼されます。人は柔軟で適切に変化することが大切です。皆さんの健闘を祈っています。  

 
 ■ 唐津看護専門学校専門課程三次募集 合格発表

 専門課程三次募集  合格者 
 
 ■ 令和三年度 看護専門学校 入学式のご案内

 令和3年度 入学式ご案内 (保護者の方へ) 
 
 ■ 令和2年度 戴帽式

令和2年度の戴帽式が11月7日に執り行われました。
看護の原点であるナイチンゲールの灯(ともしび)を手に頂き、看護への熱い思いを決して消すことのないようにと、心に誓いました。
自分自身の看護への目標を再確認すると共に、一日一日を大切に、自分の理想とする看護師像を胸に、尚一層精精進することを誓いました。
 

コロナ禍のため出席者は少ない中、保護者・学校関係者などから、お祝いの言葉を頂きこれからの臨地実習に向けて、気持ちが引き締まりました。
 

保護者に見守られ緊張の中にも、笑みが輝きました。
 


 
 
■ 唐津看護専門学校オンライン説明会について


2020年8月8日(土)13:30〜15:00 唐津看護専門学校オンライン説明会について

731日までエントリー受付をしています。

 
 ■ 令和1年度 看護師試験合格状況
 
 ■ 令和2年度 入学式
令和2年4月4日、暖かな日差しと、満開の桜の花の中、
世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、規模を縮小しての式となりましたが、地域
医療への貢献を目指し高等課程42名、専門課程25名の入学生を無事迎えることができました。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 
 ■ 令和元年度 卒業式
令和元年度の卒業式が3月7日に執り行われました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために卒業生と教員のみ出席しました。  
新型コロナウイルス感染拡大防止のために時間短縮いたしました。卒業証書授与は代表者が受け取りました。

卒業式の規模縮小でも、優秀者への学校長賞の授与などはしっかり執り行いました。専門課程3年の間、お仕事、家庭、学業と頑張りました。

高等課程での学校長賞受賞者です。2年間の高等課程での学業と仕事、家庭の両立を頑張ってきました。

学校長からのお話です。時間短縮のため少しだったのですが、これから看護師として旅立つ学生の心に響きました。

看護を学んでいく中で、学ぶ楽しみも悔しくて泣いた事も、学友と笑い合った事もよい思い出となりました。
学校長のお話が学生生活を懐かしく思い出させてくれました。

緊張した面持ちの卒業生たち。学生生活を様々に思い出していることでしょう。

在校生は卒業式には出席できませんでしたが、送辞を読む学生のみ出席しました。心のこもったお別れの言葉に胸がいっぱいになりました。高等課程の送辞です。

専門課程の送辞です。卒業式の途中から名残を惜しむように雨が降ってきました。在校生の送辞とともに卒業生の目にも涙がいっぱいになりました。

在校生や保護者の方々の出席、来賓の方々がいらっしゃらない分、寂しさもありますが、しっかりお別れをできたと思います。

高等課程卒業生による答辞です。途中から涙があふれてきました。

高等課程卒業生全員で感謝の意を伝えました。

専門課程卒業生の答辞です。国家資格を取得してこれから地域医療に貢献していきます。

高等課程から全部で5年間在籍した学生もいます。青春の一時期を唐津看護専門学校で過ごした日々、学んだことは忘れません。

学校長に学生たちの思いを届けます。

卒業生のみの卒業式は初めての試みでした。医療者としてこのような自体もあるものだと心して医療に携わっていきます。

後輩たち、保護者の皆様からの拍手がない退場シーンですが、今回は式を縮小する意図をご理解いただき感謝しております。
卒業生も晴れ舞台を見ていただきたかったのですが、今回はご容赦ください。
 
 ■ 令和元年度 戴帽式
令和元年度の戴帽式が11月9日に執り行われました。 看護の原点であるナイチンゲールの灯(ともしび)を手に頂き、看護への熱い思いを決して消すことのないようにと、心に誓いました。
自分自身の看護への目標を再確認すると共に、一日一日を大切に、自分の理想とする看護師像を胸に、尚一層精精進することを誓いました。
 

2年生代表から、お祝いの言葉を頂き、これからの臨地実習に向けて、気持ちが引き締まりました。


来賓をはじめ保護者、学校関係者など、多くの方に祝福の言葉を頂き、見守られ、緊張の中にも、笑みが輝きました。


 
 ■ 令和元年度 オープンキャンパス
令和元年度オープンキャンパスを7月20日と8月24日に実施しました。50名の参加がありました。
体験授業では、参加者の皆様は大変興味を持って、熱心に体験されていました。在校生との交流会では “学校と仕事、また、家庭(育児)との両立や実習について、学校生活・受験・交通手段などについて在校生から沢山の話を聞けてとても勉強になりました”等の意見がありました。
オープンキャンパスに参加されたことが、進路選択・決定の一助になれば幸いです。

 学校ガイダンス


 呼吸音聴取
 

 モデル人形での血圧測定             血圧測定
 

 ベビーおむつ交換
 

 在校生との交流会
 
 ■ 平成31年度 入学式

入学式での学校長の挨拶
専門課程35名、高等課程42名の新入生を迎えました。
共に唐津東松浦地区で地域医療に携わる仲間を育て、地域医療に貢献していきます








ドキドキの入学式 頼もしい看護師になるために頑張ります











専門課程の先輩からも歓迎の言葉がありました。
看護師になる道は厳しくもあるけれど共に学びを深め、頑張っていきます









高等課程の先輩から頼もしい歓迎の言葉がありました。
同じ看護師になり盟友にもなる新入生を心から歓迎している温かい気持ちが伝わってきました









高等課程、専門課程新入生代表による宣誓
看護師になる心意気を述べました






 
 ■ 平成30年度 卒業式

平成30年度唐津看護専門学校の卒業式が3月2日に執り行われました。
看護高等課程39名、看護専門課程39名の皆様、ご卒業おめでとうございます。
今後は、唐津東松浦地区の医療の担い手としてご活躍を期待しています。
  

  

  

  



   
 
 ■ 平成30年 特別講演 「新聞で、未来をひらこう」

講師:NIEアドバイザー 唐津市厳木中学校教頭 光武正夫 先生
看護専門課程 2・3年生が参加
普段新聞を読まない学生も、この日は全ページに目を通し こんな事も書いてあるとかと新たな発見。
新聞の楽しさやおもしろさを体験しました。
  

普段見せない笑顔がいっぱい
   
 
 ■ 平成30年10月5-6日 夜須研修

レクリエーションの授業で夜須研修に行きました。この研修を通して、強調性や主体性の重要性に気づき、学びが深まり、クラスメンバーとのチームワークも一層深まりました。
  

   
 
 ■ 平成30年11月 国家試験合格状況

         
   
 
 ■ 平成30年10月9日(火) 演習

専門課程2年生は、在宅看護論方法論Uの授業のため「佐賀県在宅生活サポートセンター」で、
1日演習を行いました。
2つの事例(脊損や麻痺のある療養者)の対象に適した住環境や福祉用具について考えることができました。
  
   
 
 ■ 平成30年6月23日(土) 特別講演

演題:「がんと共に生きる」−心の癒やしと心温まるケア−
がん患者の心理について考え、心のケアの必要性について知る事を目的に、
日本オストミー協会 佐賀県支部副支部長 古賀吉光先生にお話をいただきました
  


がんの宣告を受け、何度も手術を経験し、「なんで私が」と辛く苦しい思いをされた 古賀さんですが、「ポジティブにアクティブに今を生きていく」とおっしゃっていました。
  

同じ疾患を持つ患者同士の交流 悩みを話せる仲間がいるということは心強いこと。
看護師のどんなことばにはげまされますか?「頑張りましたね」と力強い言葉。
それは、信頼関係があってこそ。
ストーマ造設されてからの生活を知り家族や周囲の理解と支えが必要だと知ることができました。
患者さんが、前向きに生活していくため支えになれるよう、これからの実習や学習に励んでいきます。
   
 
 ■ 平成30年6月13日(水) テーブルマナー

初めてのテーブルマナー  知らないことが沢山! 勉強になりました。
  

楽しく語らいながら、美味しく頂きました。
とっても有意義なひとときでした。
  

   
 
 ■ 平成30年4月20,21日(金,土) 波戸岬研修

 研修目的
(1)自然の中で活動を共にすることにより、クラスメイトの親睦を図る。
(2)自己の役割を認識し積極的に行動することで規範意識を高める。

<ブラインドウォーク>
「うわー!階段こわい!」
「大丈夫、あと5段あります。
ゆっくり、一歩一歩おりましょうね。」
  

<交流ワーク>
人生色々ですねー。これから、一緒に頑張っていきましょう!


<キャンプファイヤー>
夜は皆で盛り上がりました!
  

<カッター活動>
2日目はカッター活動。力を合わせて1・2、1・2!
  

<ドッジボール>
最後はドッジボール、よーい、スタート!


   
 
 ■ 平成30年4月7日(土) 入学式

 平成30年度唐津看護専門学校の入学式が行われました。
看護への高い志を持ち、高等課程43名、専門課程30名の方が入学してこられました。 様々な学びを通し、地域医療に貢献できる看護のプロフェッショナルを目指し頑張ってくださいと校長先生の祝辞を受けました。
  

 ■ 平成30年3月3日(土) 卒業式

 平成30年3月30日 卒業式がありました
  

 高等課程・専門課程無事に卒業できました。


 これから、唐津東松浦地区の地域医療に柔軟に対応し、活躍なさることを期待しています。